ケアプロストは世界中の女性からまつ毛が生えてくる理想の育毛剤として注目されています。

これまでマスカラを使ったりまつエクをしていた人もこれからは必要なくなります。

本来は緑内障治療として使われていた成分です。医薬品の成分で緑内障の治療をしていた人がまつ毛が異常な程に生えてくることから副作用にまつ毛の育毛があることに気がつきました。そこから発売されたのですが、医薬品ですので副作用もあります。どのような薬でも薬には効果と副作用がつきものです。もともと緑内障治療の効果の副作用としてまつ毛が生えるという効果をもたらしていたかもしれませんが、ケアプロスト単独になった場合にはまつ毛が生えてくることが効果になり、それ以外に副作用はあるのでしょうか。

つければつけるほどフサフサになるとか、ボリュームが上がると思ってつけ過ぎる人がいます。実はこのように間違った使い方をしていることが副作用の一番の原因になると言われています。間違った使い方をしていることで目に負担を与えているのです。成分が目の中にはいってしまい充血を起こすこともあります。少量程度なら問題はないのですが、つけすぎたことや1日に何度も付けることで大量に目の中に入れば、それが充血の原因になります。また、つけすぎたことで目の周辺の皮膚に色素沈着が起こることもあります。目の周辺の皮膚はご存知のとおりとても薄いことでも知られていますが、それがつけすぎて薬剤にまけてしまって色素沈着をおこすのです。

特に重篤な副作用ではないので、使い方さえ間違えなければ大丈夫と言えるでしょう。しかし早く生えてきてもらいたいとか、もっと生やしたいという思いから、間違った使い方をしてしまう人は多いですから、注意が必要です。1日に1回、1滴で効果は現れますので、その量は必ず守るようにしてください。この量を守らず適当に使っている人が居れば、それは確実に副作用を引きおこすこととなるでしょう。

人気があるまつ毛育毛剤ではありますが、間違った使い方をしていれば副作用は現れやすい状態になります。効果は1日1回1滴つけただけで十分現れますのでつけ過ぎることがないようにしなければいけません。