長くハリのある良質の良いまつ毛で目元もばっちり!

ケアプロストはまつ毛をフサフサに、そして美的に長くしたいと思っている人にぴったりです。

本来、別の効果を期待した薬でしたが、その副作用としてまつ毛育毛の効果が発見されました。

成分はビマストプロストという成分です。これは実は緑内障や高眼圧などの治療に使う人に処方されていた点眼薬の成分でした。目の中に眼房水という水があるのですが、この水が多すぎれば視神経を圧迫してしまいますので、それが視力の低下につながってしまいます。その治療として、ビマストプロストが処方され、眼房水を適切に輩出して眼圧を下げる治療を行います。そしてビマスプロストはルミガン点眼薬という薬の中に配合されて製品として処方されているのです。そのジェネリック薬品がケアプロストです。

元々はこのビマトプロストの副作用として発見されました。緑内障の治療をするために点眼している人のまつ毛が異常な程に太くて長くなることがわかったのです。そして副作用に着眼してまつ毛育毛剤として発売されることになりました。最初に発売されたのはらティースと言われる製品で、これはまつ毛育毛に特化したものなので、まつ毛に塗るための専用のアプリケーターなどもついています。その結果値段的には少し高めになりましたが、ケアプロストは後発品ということもありとてもリーズナブルな価格で手に入れることができます。

アメリカの食品医薬品局であるFDAの許可も得ているので安全に使用することができるので心配はありません。ジェネリックであるために値段もリーズナブルですのでまとめ買いをしてまつ毛をフサフサ、ロングにしている人も多いでしょう。もともと育毛剤目的で作られたのではなくて副作用を使用して作られた製品、それがこの製品なのです。

使い方はとても簡単です。アプリケーターがあれば、それを使って塗ることになりますが、アプリケーターがない場合には、まつ毛につけられる細めの筆を用意すればいいでしょう。1滴ずつ左右のまつ毛の生え際につけることでこれだけで効果が現れます。効果はすぐには現れませんので翌日にはフサフサになっているというようなことはありません。しかし2ヶ月、3ヶ月使用している人の多くが長くなったと実感していますし、フサフサになったと実感しています。遅くても3ヶ月までには長さの違いに実感できるのではないでしょうか。

初めて使用するという人は一番気になることは副作用の問題かもしれません。副作用については心配することはありません。なぜならどのような薬にも副作用は存在していますし、むしろこの薬そのものが偶然の産物、つまり副作用の結果として発見された薬だからです。かと言って副作用が全くないわけではありません。現在使用中に経験している人が多い副作用についてここでは紹介しましょう。まず初めて使用してから目に違和感を感じた人がいます。かゆみを感じたり痛みを感じることがあるのです。かゆみ、痛みは目の中に薬の成分が入っていることによるものと考えられますのでその点は注意しましょう。目に入らないように使用しましょう。また広範囲に塗りすぎたことで目の周りの皮膚の色素沈着も報告されています。こちらも局所にピンポイントで使うことでこの副作用はないと考えられますので、目の周り全てに塗るのではなくて、ピンポントで使用する場所を検討したほうがいいでしょう。もしそれでも不都合が現れる場合は医師に相談することをおすすめします。コンタクトレンズをつけている人はコンタクトを外してから使用しましょう。また妊婦や授乳中の人に対しても使用は控えたほうがいいでしょう。

まつ毛エクステはとてもフサフサになりますが、一度通い始めると通い続けなければいけなくなるのではないでしょうか。やめてもいいのですが、やめることができず通い続けている人が多いことが報告されています。ですから、まつ毛エクステを通い続けて経済的な負担が大きい人も多いのです。またまつ毛にとってもエクステはとても負担が大きいと言われているので注意が必要です。続けていると地まつ毛がとても弱くなると報告されているのです。負担のことを考えるとエクステよりもケアプロストを利用する方がとても良いと言えますし、経済面でも同じことが言えます。かなりコストパフォーマンスが高い製品ですので、とてもリーズナブルな価格で購入することができます。

長く続けても経済的にも地まつ毛にも負担にならないのでオススメの方法と言えるでしょう。自分のまつ毛を長く、フサフサにしたいと思っている人にぴったりです。